外国人と出会える場所のまとめ

外国人と出会える場所ってどこ?

日本に訪れる外国人観光客は年々増えていて、人気観光地に行くと外国人観光客が溢れていますよね。

 

そんな外国人と、出会って交流したいと思いませんか?

 

外国人と交流すると、視野が広がるし英語の勉強にもなるしで、良い事ばかりですよね。

 

 

 

しかし、観光客は多くても、日本で外国人と出会える場所は意外と限られているんです。

 

外国人と出会える場所はどこなのか?ご紹介します。

 

 

 

〇英会話教室に通う

 

一番簡単な出会いの場所が、英会話教室です。

 

英会話教室では外国人講師が働いていることが多く、通うだけで外国人に出会えます。

 

英会話教室で出会った外国人講師と結婚したというのは、日本で多い国際結婚の一つになっているんですよ。

 

 

 

また、英会話教室に通うというのは、出会い以外にもメリットがあります。

 

外国人と交流するには、世界共通語の英語が話せることが絶対条件です。

 

 

 

しかし、意味は理解していても、いざ話すとイントネーションやリズム等で上手く相手に伝わらない事が多いのが、英語なんです。

 

英会話教室に通えば、そんな英語を相手に意味が通じるレベルまで話せるようになります。

 

つまり、外国人講師と出会い・交流でき、英語も流暢に話せるようになれるのが、英会話教室なんです。

 

 

 

外国人と出会いたいなら、まずは英会話教室に通うのはいかがでしょうか。

 

ただし、英会話教室の中には外国人講師が常駐していない教室もあるので、必ず事前に外国人講師が働いているか調べてくださいね。

 

 

 

〇バーやクラブに行く

 

バーやクラブでも、外国人との出会いが期待できます。

 

外国人が多く集まるクラブやバーは日本に多く、そこに行けば外国人と交流することが出来るんです。

 

 

 

バーやクラブで出会った外国人は本当に大丈夫な相手なのか?遊び目的の外国人しかいないんじゃないかと、心配になる人は多いと思います。

 

しかし、クラブやバーでも、真剣交際の相手を探している外国人や、日本人と仲良くしたいと思っている外国人は大勢います。

 

そのような人達を上手く見極められれば、クラブやバーは外国人と出会いやすい場所でもあるんです。

 

 

 

それに、お酒が入ると初めて会う人でも話しやすくなりますし、人見知りな人でも外国人と緊張せずに話せるかもしれません。

 

どうしても心配なら、友人と一緒に行くのがおすすめですよ。

 

 

 

〇コミュニティに積極的に参加する

 

今、日本では外国人が参加しているコミュニティが沢山あります。

 

それに参加して、外国人と出会うという方法もあります。

 

 

 

一度に沢山の外国人と出会いたいのなら国際交流パーティに参加するのもいいですし、ボランティアに興味があるなら、外国人をおもてなしするボランティアをするのもおすすめです。

 

外国人が参加している社会人サークルも沢山あるので、そこに行くのもいいかもしれません。

 

 

 

コミュニティは自分が興味がある事、趣味を通して外国人と出会えるので、初めて会う外国人でも会話しやすいですし、交流もしやすいですよ。

 

一人で行って浮かないか不安になる人がいますが、一人でコミュニティに参加している人も多いので、安心して参加してくださいね。

 

 

 

〇SNS・アプリを活用する

 

今は、ネット上なら世界中の人と交流できる時代になりました。

 

外国人と出会いたいならfacebookやTwitterで日本に住む外国人をフォローして交流してもいいですし、外国人が参加しているコミュニティサイトに登録するのもおすすめです。

 

 

 

マッチングサービスや出会い系アプリでも外国人は多く登録しているので、そこでも出会う事が出来ます。

 

女性の場合は無料で使える出会い系アプリも多いので、色んなアプリに登録して、自分が住む地域在住の外国人を探すのも良いですよ。

 

 

 

また、マッチングサービスは海外が運営しているものの方が外国人の登録者も多いので、世界規模のサービスを行っているマッチングサービスを選んだ方が外国人と出会う確率もグッと上がるのでおすすめです。

 

お金があまりないけど外国人と出会いたい、交流したいという人は、SNSを活用しましょう。

 

 

 

何もしないで外国人とは出会えません。

 

英会話教室に通ったり、バーやクラブに行ったり、コミュニティに参加したり。

 

自分から積極的に動くことで、外国人と出会え、交流することが出来るんです。

 

まずは勇気を出して始めの一歩を踏み出して、「異文化」という新しい世界に触れてみてくださいね。